ねむたい目レコードのページ

想いのままにやってゆきます!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -| -
クリスマス
 もう2014年も終りに近づいてしまいました。すっかり冬に向かって日に日に寒く感じてきました。そんな寒さをあたたかな歌で吹き飛ばそう!というわけで12月に恒例となったクリスマスのライブの企画をさせていただきました。お気軽に足をお運びくださいませ。

〈5 songs about winter and Christmas〉
出演:安藤明子
日時:2014年12月21日(日曜日)
   12時オープン 13時スタート
場所:高円寺 leaven
京都のシンガーソングライター安藤明子さんがクリスマスや冬をテーマに新しい歌を作るというカナカナの課題も5年目、それを歌いにきてもらおうという高円寺でのライブも5年目、前の日は水戸でライブという流れも5年目。そんな風に続いているってちょっとスゴいことかもって思ったりします。まだ今年の新しい歌は聴けてないのですが、楽しみですね。また懲りずに来場者の方にはねむたい目レコードによるクリスマスのmixCD-Rもプレゼントするつもりです。お楽しみに。

  
2010年のクリスマスソング「クスクスクリスマス」
予約絶賛受付中です!

終了いたしました。どうもありがとうございました。 
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
T.T. in C-C-B
 さてさて、突然ですが、オススメのライブがあります。まもなくです。
2014年11月20日 木曜日 T.T. in C-C-B
T(Tashirou) T(Takuya) in C-C-B(Coo Coo Bird)
19時オープン、20時スタート
です。
香川からやってくる島津田四郎さんと西村卓也さんによるツーマンライブ、場所は北浦和のクークーバードというわけです。
島津田四郎さんも西村卓也さんもギターの弾き語りなのですが、なかなかおもしろい組み合わせだと思います。
島津田四郎さんのライブを見ているとムムム何だこれはって思いつつも、勢いのあるだけでなくなかなかな腕前のギターと、大きく真っすぐに声を出す歌の勢いと、そんなことまで歌にしますかっていうおかしさで、すっかりと晴れやかな気分にさせられます。クークーバードでのライブは3回目になりますね。
西村卓也さんは紹介しようと思うと今は高田渡みたいって簡単に言ってしまうわけだけれど、その歌を初めて聴いたときに(晴れた日の花見シーズンの夕暮れ前の公園だった)高田渡を連想したわけではなく、それは西村さんの歌だったしそのときにその歌がいいなあと気になったのだ。しばらくしてまた西村さんの歌を聴く機会があってあのときにいいなあと思ったそのままの気持ちになって、そのときにCDを発売したことを知りメールで注文してみて送ってもらった。届いたそのCDは振り込んだ金額でよかったのだろうかと思うほど、ケースに入った立派な装丁の「鰯」という本だった。そしてその詩が綴られた本を読んで、本の付録みたいに見えるCDを聴いてみて、ただ高田渡の歌をコピーするようなことではなく、高田渡がやってきた詩人の詩を借りて曲を付けてギターを弾いて歌うというスタイルと同じことをやっているというのを知ったのでした。だから高田渡みたいと簡単に言ってしまうけれど、その歌を聴くとやっぱり西村卓也だったのです。とにかくオススメなのでその歌を体験しにきてほしいです。そういえば、CDの1曲目は谷川俊太郎の「ひとりぼっち」という詩を歌っているんだけど、クークーバードに置いてあった谷川俊太郎の本「うつむく青年」の中にその詩が収録されていました。だからクークーバードで西村さんが歌うべきだと思いました。
そうそう、今クークーバードでは絵描きのnatunatunaさんによる11月のライブ出演者の似顔絵展も開催中です。よい感じなので合わせてお勧めします。
ぜひ!
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
やわらかな日々はつづく
appanさんのイラスト展「やわらかなひび」は残すところ今日11月16日の1日となりました。すっかりお昼すぎまで寝てしまったので遅いけど、夜の10時までやっているからよかったら足を運んでみてください。→詳細
昨日11月15日はクロージングを前にライブイベントを開催しました。appanさんのライブペイントをバックにLife is Waterと安藤明子さんが歌を歌ってくれました。appanさんはあたりまえの日常の行動、そう呼吸をするのと同じ、そんな行動の一部のように絵をどんどん描き進めていきみるみるうちにやわらかな絵を描き上げました。Life is Waterの久保さん、安藤明子さんもそれぞれイメージを膨らませてゆくやわらかな歌をうたいました。とてもよいイベントになった気がします。ご来場いただきましたみなさん本当にありがとうございました。楽しんでいただけていたならうれしいです。
 
ライブあとのくつろぎタイムの写真、Life is Waterの久保さん、appanさん、安藤明子さん、とってもいい顔していますね。
appanさんのライブペイントの絵は最終日11月16日のみご覧いただけます。leavenのおいしいパンといっしょにお楽しみいただければと思います。「やわらかなひび」の展示はこれで終わってしまいますが、やわらかな日々(ばかりのときだけじゃないかもしれないけれど)はずっと続いてゆきます。そうであればよいと思います。
では最後までよろしくお願いします。
終了いたしました。ありがとうございました。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
<< 3 >>
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS